2009年11月アーカイブ

toshiko Airport

toshiko Airportを作ってみました。
Airport.jpgFly Sky High Club Houseの屋上に滑走路を増設しちゃいました。

同時に内部に設置してあったエレベーターを移動。
滑走路に上がるのにはジェミニを使えますよぉ。 

今はWorld CUPでスポンサー提供されたF16を駐機しています。

少しずつ練習しようと思っていまして、かずみちゃんとむくたんにゲームコントローラーでの操縦方法を教えて貰いましたので、練習をいっぱいしたいですねぇ。

jet_16.jpg
実は今まで空いていたクラブのおとなりですが、11/25に入居が決まってお引越しして来ました。JetLan Melodieさんです。

早速、ご挨拶してフレンドになり、サークルターゲットでダイブも楽しんで貰いました。クラブメンバーにもなっていますので、是非みんなで誘って4wayと8wayダイブで遊んで下さいねぇ。

Solaris.jpg
今朝は1944SIMを見に来ていたSolaris Crystalさんがいらっしゃいました。ソラリスちゃんは1942でクロエ先生とおしゃべりしていて1944にも来てくれたようです。

1944に展示してあった巨大戦艦大和を直接観たかったと言う話で盛り上がり、toshikoが書いたYAMATOBOOKをプレゼントしちゃいました。

フレンドになり、サークルターゲットでダイブも楽しんで貰いました。クラブメンバーにもなっていますので、是非みんなで誘って4wayと8wayダイブで遊んで下さいねぇ。

新メンバーも少しずつ増えて嬉しいわぁ。

PS:色々な人との出会いや、今までしていなかった飛行機操縦は目指しているtoshiko CUP2に向けての準備に必ず良い影響が出ると考えています。あなたもいっぱい遊びに来て下さいねぇ。

セカンドライフFlySkyHighClub

セカンドライフでスカイダイビング体験
セカンドライフでパラグライディング体験

新しいアイデア

次世代ゲーム第三段を作ってみました。
C-1.jpgtoshiko CUP 2 の可能性を求めての第三段です。

SSはサークルターゲット2の輸送機タイプとして作ってみました。プロトタイプなので完成はしてはいません。

前回のヘリコプタータイプは4way用として作っていたのですが、この輸送機タイプはC-1をモデルにしていまして、後部格納庫をパカッと開いた状態で合計17人が上空4000mからダイブを出来ます。但し、カラーボールは出ません。

新しい発想を生み出す為に色々とTry しています。既に、常連のちるのちゃんとえめりちゃんにテストして貰いました。今後の展開に関するお話もしていまして、直接お話出来るのは嬉しいですねぇ。

あなたの意見を聞きたいので、この新しいVTOLをお友達と一緒に試して見て下さいね。

そこで、あなたとお友達による17人ダイブのSSまたは動画を募集致します。

SSはオンラインで渡して頂くか、NaviSLで送って頂き、動画はYouTubeにUPして頂いてからアドレスを教えて頂けると嬉しいです。

今年はtoshiko CUPを2月20日から行ったので、来年に開催出来るとなれば、やはり同じ日にしたいと願っていますが、無理はせずに準備して結果を出せるように考えていきます。

 11月16日の記事「もっとリアルに」でお伝えしていた箇条書きの項目の3番目を今回は発表したわけですが、今後は1番目のエントリーについて具体的な取り組みをしようと考えています。

  1. 4wayチームのエントリーを増やしていく
  2. 新しいプレイ内容に変更する
  3. 新しいプレイ内容を追加する
  4. サークルターゲットの発売を検討する
  5. 更に見やすいスコアボードにする
  6. 賞金、賞品をグレードアップする
  7. 会場予約システムの強化
というような構想で考えております。

*********************************


PS:先ほど掲載しました箇条書きの目標にあるように、4wayチームのエントリーを増やしていくのが一番の課題ですが、簡単にエントリーと修正が出来る仕組みを作れればいいなと思っています。toshiko CUP2に向けて徐々にチームを増やして行きたいですねぇ。このブログのカスタマイズもそろそろ着手していきますので、お楽しみにぃ。

セカンドライフFlySkyHighClub

セカンドライフでスカイダイビング体験
セカンドライフでパラグライディング体験

もっとリアルに

次世代ゲーム第二段を作ってみました。
helicoputer_004.jpgtoshiko CUP 2 の可能性を求めての第二段です。SSはサークルターゲット2のヘリコプタータイプとして作ってみました。プロトタイプなのでこれが良いと決まっていませんが、色々と作っていると新しいアイデアが出たりします。新しい発想を生み出すには色々とTry するのがとても効果があり、実は更に良い考えがもう1つ生まれました。そのアイデアは次回の発表をお待ち下さいねぇ。
・アイデアのきっかけは、このブログやNaviSL、slmame、mixi に寄せられた読者の声なんです。いわゆるコメントですね。アウトプットする事によってインプットも得られるという好循環が非常に重要です。但し普通の人は面倒くさいので、ここまでしかしません。toshiko はその後に更にしている事があります。それは、リサーチです。本屋さんに行くんです。ネットで検索するのは当たり前ですが、本屋さんに足を運ぶのです。本屋さんで何をしているのかというと、関連の専門書を見るのは当たり前ですが、更に雑誌コーナーに行って、雑誌のある部分に注目してリサーチをしています。
・World CUPが終ってからも、ぜんまいちゃんや、えめりちゃんが来てくれていまして、とても嬉しいです。今年はtoshiko CUPを2月20日から行ったので、来年に開催出来るとなれば、やはり同じ日にしたいと願っています。それまでにどこまで準備して結果を出せるかをずっと考えているんですよ。 11月12日の記事「目標の期限」でお伝えしていた箇条書きの項目をもう1つ増やします。まとめると、
  1. 4wayチームのエントリーを増やしていく
  2. 新しいプレイ内容に変更する
  3. 新しいプレイ内容を追加する
  4. サークルターゲットの発売を検討する
  5. 更に見やすいスコアボードにする
  6. 賞金、賞品をグレードアップする
  7. 会場予約システムの強化
というような構想で考えております。

*********************************


PS:先ほど掲載しました箇条書きの目標にあるように、4wayチームのエントリーを増やしていくのが一番の課題ですので、toshiko CUP2に向けて徐々に増えていくといいなあと思っています。それから、エントリーの方法も工夫していく考えです。その為にはこのブログもカスタマイズしていきますので、お楽しみにぃ。

セカンドライフFlySkyHighClub

セカンドライフでスカイダイビング体験
セカンドライフでパラグライディング体験

目標の期限

次世代ゲームを考えています。
Thinking1.jpgtoshiko CUP 2 の可能性を求めて考えています。SSはサークルターゲット2のプロトタイプとして作ってみました。でもこれが良いと決まったはおらず、まだまだ色々と考えています。新しい発想を生み出すには色々とTry してみないとならないので、このプロトタイプも色を変えてみたり、Texを変えてみたりしているのですよ。World CUPが終ってからも、賞金王のちるのちゃんや、SLTVのきのこちゃんが初体験しに来てくれていまして、とても嬉しいです。今年はtoshiko CUPを2月20日から行ったので、来年に開催出来るとなれば、やはり同じ日にしたいと願っています。それまでにどこまで準備していくかをずっと考えているんですよ。 11月7日の記事World CPU 成績表でお伝えしていた箇条書きの項目を1つ増やします。まとめると、
  1. 4wayチームのエントリーを増やしていく
  2. 新しいプレイ内容に変更する
  3. サークルターゲットの発売を検討する
  4. 更に見やすいスコアボードにする
  5. 賞金、賞品をグレードアップする
  6. 会場予約システムの強化
というような構想で考えております。

*********************************


PS:先ほど掲載しました箇条書きの目標にあるように、4wayチームのエントリーを増やしていくのが一番の課題ですので、toshiko CUP2に向けて徐々に増えていくといいなあと思っています。それから、プレイして頂いているメンバーにはアンケートしたり、意見を聞かせて頂きたいと思っていますので、その時は色々と教えて欲しいと思っています。宜しくお願い致します。

セカンドライフFlySkyHighClub

セカンドライフでスカイダイビング体験
セカンドライフでパラグライディング体験

World CUP 成績表

World CUP 成績表を公開いたします。
World Score8.jpgWorld CUP museumで公開しています成績表をブログでも掲載致します。8way成績表の右側部分に賞金王Top10を載せていますが、大会前の練習をいっぱいして、大会中も毎日の様に参加したChiruno Himanezさんが賞金王に輝いたのは予想通りでした。toshikoの総評としては、成功回数最多teamの優勝記録がたった4回だったのは残念です。これは8人プレイをするteamが育っていなかったのが原因です。次回大会に生かしていくにはまず4人teamを登録してもらい練習しやすい環境を提供していこうと考えています。

*********************************

WC4way.jpg次に4way成績表を掲載します。成功回数最多teamの優勝記録は29回ですが、ベテランメンバーが少し本気を出せばかる~くこのくらいの記録は出せてしまう訳です。toshikoの総評としては、この大会が4人大会のみだったとしても、参加のべ人数は20人だったので単純計算で5teamしか参加しなかった事になり、最初に開催したtoshiko CUPは参加人数75人だったのですから、本来なら増えていくようにするべきであり、体験者の人数が増えている事を考えると更に大会として盛り上がる企画を提供しないとならないと思っております。それには
  1. 4wayチームのエントリーを増やしていく
  2. 新しいプレイ内容に変更する
  3. サークルターゲットの発売を検討する
  4. 更に見やすいスコアボードにする
  5. 賞金、賞品をグレードアップする
というような構想で考えております。

*********************************


PS:先ほどの掲載しました表はWorld CUP museumに公開していました表が若干ですが見やすく変更しております。それに合わせてmuseumの表も同じものに入れ替えました。お時間ある時にまた見に来て下さいね。toshiko CUP2に向けて徐々にですが準備していまして、クラブにはちょっと変わった試作品のオブジェがおいてあります。

セカンドライフFlySkyHighClub

セカンドライフでスカイダイビング体験
セカンドライフでパラグライディング体験

最後の言葉

| コメント(5)
World CUP 閉会式を10/27に行いました。
WCclose0.jpg表彰式で沢山の表彰を行い、閉会式でtoshikoは最後の挨拶をしました。このWorld CUPが最後の大会となってしまった理由をこの挨拶の中で語っています。閉会式の生ログを抜粋して掲載しますので、ご覧下さい。表彰式には20人以上もの沢山の見守る中で発表が出来、表彰と賞金授与、スポンサー様からの賞品授与をたっぷりと出来ました。表彰式に出られなかった人には後程個別で賞金授与と賞品授与をさせて頂きました。

*******ここから生ログ**************************

[8:17]  toshiko Pinklady: それではWorld CUP閉会式を行います。
[8:17]  no9689 Rexen: お疲れ様でした~
[8:17]  no9689 Rexen: ありがとうございました~
[8:17]  Lain Naminosaki: ぱちぱちぱちー
[8:17]  Sauri Amaterasu: おつかれさまでした~
[8:17]  Chiruno Himanez: うんうん
[8:17]  Lain Naminosaki: おつかれさまでしたー
[8:17]  yukichu Sauber: お疲れ様した
[8:17]  Chiruno Himanez: ぱちぱちぱち
[8:17]  Kazumi Aristocrat: おつかれさまでした
[8:17]  no9689 Rexen: コテツはなにももらえなかった。。。。
[8:18]  toshiko Pinklady: 今回のWorld CUPでは英語翻訳チームのご協力、沢山の賞品提供と賞金提供もあり、今までに無い素晴らしい大会になりました事を深く感謝致します。
[8:18]  toshiko Pinklady: しかし、大会としては参加人数が非常に少なく、折角提供して頂いた賞品、賞金の対象となるスコアを残すのもぎりぎりの状況でした。
[8:18]  Chiruno Himanez: うんうん
[8:18]  no9689 Rexen: はい。。。
[8:19]  no9689 Rexen: もっともっと 盛り上げたいですね
[8:19]  Chiruno Himanez: うんうん
[8:19]  toshiko Pinklady: とても残念なのですが、この結果を見て私としては大会の開催をこれからは提供出来ないと判断しております。
[8:19]  Chiruno Himanez: がーん...(´・ω・`)
[8:19]  no9689 Rexen: うぅ。。。
[8:19]  yukichu Sauber: ええええ
[8:19]  Lain Naminosaki: ーー
[8:20]  toshiko Pinklady: 今後は私自身の人生を見つめなおし、自分の時間を大切にして、
しっかりした状態に立て直します。
[8:20]  Sauri Amaterasu: ・・・
[8:20]  Chiruno Himanez: うう( TДT)
[8:20]  toshiko Pinklady: あなたに喜ばれるようになるのには時間がかなりかかりそうです。
[8:20]  toshiko Pinklady: 私はSLで叶えたい夢もいっぱい持っていますので、
実現するまで待っていてくれると嬉しいです。
[8:20]  Lain Naminosaki: xo
[8:20]  Chiruno Himanez: うんうん
[8:20]  BlueWisteria Oldrich: よく頑張ったよ~~、おやびん!
[8:20]  toshiko Pinklady: もしもですが、次回の開催をするなら念入りなリサーチをし、
満足頂ける内容をしっかりと組み立てていきます。
[8:21]  toshiko Pinklady: 早ければtoshiko CUP2が出来ればいいなぁ~と夢見ております。
[8:21]  Chiruno Himanez: いいねぇ!
[8:21]  no9689 Rexen: (*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん
[8:21]  BlueWisteria Oldrich: 待ってるぜぃ!!
[8:21]  Sauri Amaterasu: うんうん
[8:21]  yukichu Sauber: はい!
[8:21]  Lain Naminosaki: ウンウン
[8:21]  toshiko Pinklady: 以上を持ちましてWorld CUPを終了いたします。
[8:21]  Chiruno Himanez: ぱちぱちぱち
[8:22]  yukichu Sauber: たいへん、お疲れ様でした
[8:22]  Kazumi Aristocrat: ぱちぱちぱち
[8:22]  toshiko Pinklady: それでは本日は
[8:22]  Sauri Amaterasu: としこさん おつかれさまでした^^
[8:22]  toshiko Pinklady: お疲れ様でした^^
[8:22]  BlueWisteria Oldrich: ぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちっ!
[8:22]  Kazumi Aristocrat: お疲れ様でした
[8:22]  Chiruno Himanez: お疲れ様でした!
[8:22]  no9689 Rexen: おつかれさまでした~
[8:22]  Lain Naminosaki: おつかれさまでしたっ

*******ここまで生ログ**************************


PS:先ほどの生ログにありますように、大会としての提供は困難と判断しております。昨年の大晦日から提供してきたサークルターゲットは新しいスカイダイビングを体験出来る装置として沢山の人が手を繋ぎ、大会も盛大に行って来ましたが、更に改良していくか、提供する方法を工夫していく等の根本的な対策が必要であり、toshiko CUP2に向けて準備したとしても成功できないかもしれません。しかし、大会直前に開催されたLSL CON 2009でサークルターゲットも展示された頃には新しい改良の為のヒントを既につかんでいます。それとは別に、今後の計画に様々な対応が出来るように以前から書き溜めてあるtoshiko memoと計画MAPが手元にあり、それは何百ものパーツで構成されています。その中から厳選して再構成する作業をこれからするのですが、それにはとてつもない時間がかかります。それとRLでの都合でこの先一ヶ月は生活が大きく変わる事情もあって、SLに費やせる時間が極端に減りそうです。ブログ更新も毎日は出来なくなりますが、必死に頑張りますので応援してねぇ。

セカンドライフFlySkyHighClub
セカンドライフでスカイダイビング体験
セカンドライフでパラグライディング体験